愛知県名古屋市の名古屋タワーサイドクリニック|二重埋没法、豊胸、脂肪吸引、脱毛、美容皮膚科など幅広く行っています。

HOME

その他

脂肪吸引
アクセントウルトラ
Vシェイプ
テノール
メソセラピー
ふくらはぎボトックス
えらボトックス注射
内服療法(ダイエットピル)
ラディエイジ(ペレヴェ)フェイスラインの改善
成長因子療法によるヒップライン修正例
豊胸(シリコンジェルバッグ)、入れ替えも含め
注射による豊胸(SubQ:ヒアルロン酸)
ラディエイジ(ペレヴェ)によるバストアップ例
レディエッセ(隆鼻・アゴ出し)
HIFU(ダブロ)
成長因子療法
えらボトックス(小顔ボトックス・咬筋ボトックス)注射
あごプロテーゼ
フェザーリフト
フェイスリフト
オトガイ筋ボトックス注射
口唇増大(ヒアルロン酸注射)・口唇縮小


脂肪吸引

脂肪吸引とは過剰な皮下脂肪組織を除去し、体型を整えるための治療法です。
皮下脂肪の付きかたも個々人によって千差万別です。ある部分の脂肪が他の部位に比べて多く、全体の体型のバランスがとれていない場合に有効な選択肢となります。脂肪吸引が始まる以前から、脂肪除去の手術として脂肪を直接切り取る切開除脂術が行われていましたが、現在では脂肪吸引が第1の選択となっています。脂肪吸引も既に30年近くの歴史があり(Kesselring UK. Suction curette for removal of subcutaneous fat. Plast Reconstr Surg. 1979 Apr;63 (4):560. Dolsky RL. Body sculpturing by lipo-suction extraction. Aesthetic Plast Surg. 1984;8 (2):75-83. )、痩身に対する需要が強いことも追い風となり積極的な研究が重ねられ、現在では安全性の確立された術式として認められています。特にアメリカではこの脂肪吸引術は年間30万件以上の手術が行われており、美容外科のなかで最もポピュラーな手術となっています。
詳細はこちら
ページの先頭へ

アクセントウルトラ

アクセントウルトラが効果的に皮下脂肪を減少させる仕組み

アクセントウルトラは縦波超音波に加えて初めて横波超音波(剪断波:Shear Wave)を実用化することに成功した世界初の痩身マシンです。この横波超音波は組織を体表面から波動の進行方向とは垂直に組織を振動させます。脂肪細胞は上皮、真皮の細胞や皮下でも間質の細胞や血球細胞(赤血球、白血球、リンパ球、マクロファージなど)に比べると数倍〜十数倍の大きさを持っている上に細胞質全体に単房性の油滴が充填されているため細胞膜に衝撃が加わりやすく、横波の衝撃に弱い細胞です。従ってそれらの振動によって比較的容易に細胞膜が破壊されます(一時的に分断化されて穴が開く)。その結果、脂肪細胞以外の細胞が傷害を受けるよりも遥かに低いレベルの横波の衝撃で脂肪細胞内の細胞質の多くの体積を占める油滴成分が細胞内に漏出し、その脂肪細胞は小さく縮小してしまいます。それらの細胞外に漏出した油滴成分は脂肪組織の間質に存在する脈管系(血管やリンパ管)に取り込まれることで脂肪組織外へ排出される一方、油滴を放出した脂肪細胞は多くがアポトーシス(細胞死)に至って死んで無くなってしまいます。一部の縮小した細胞はそのまま細胞膜が塞がり死には至りませんが、死に至らなかった脂肪細胞も体積自体は大きく縮小するため脂肪組織全体の体積は大きく減少します。従って横波超音波によって傷害を受けた皮下脂肪組織の体積減少は一時的なものではなく恒久的なものとなります。

詳細はこちら
ページの先頭へ

Vシェイプ

Vシェイプは、ボディ用のアクセントウルトラをお顔専用に改良した、最新の治療です。
お顔専用の超音波と高周波の熱エネルギーに加え、ローラーの刺激によるマッサージ効果も得られる、小顔効果とアンチエイジングを目的とした施術です。
超音波特有の耳障りなノイズを除き、また特有の周波数を利用することにより、お顔など脂肪の少ない箇所でも効果的な施術が行えるようになりました。
高周波の熱エネルギーとローラーの刺激により、リンパドレナージの作用を高め、老廃物やダメージを受けた脂肪細胞の排出が促進されます。二重あごの解消やムクミの改善に効果的です。

詳細はこちら
ページの先頭へ

テノール

高周波とは、簡単に言えば交流電流の振動数の高いものです。その高周波を利用して、ジェルを塗ってから丸い電極を皮膚に接触させ、高周波を流すと、皮膚表面上にはダメージを与えずに、皮膚の深部にまで熱が伝わり熱変性を始めとする様々な生体反応を引き起こすことで皮膚を若返らせることができます。
詳細はこちら
ページの先頭へ

メソセラピー

メソセラピーは、脂肪吸引と同様に「部分痩せ」の効果が得られる方法として注目されています。
脂肪を除去する治療としてはこれまで脂肪吸引術が主流でした。脂肪吸引術は、皮下脂肪を吸引機で直接吸い出す治療で、出血や腫れなど体への負担が大きく、ダウンタイムも長いという欠点がありリスクの高い治療でした。
それに比べて脂肪溶解注射はメスを使うことがないので、致命的な副作用の心配がありません。ダウンタイムも短いため、手術に抵抗のある方、まとまった時間の取れない方には最適な治療といえます。
詳細はこちら
ページの先頭へ

ふくらはぎボトックス

脂肪ではなく、筋肉が発達しているためふくらはぎが太い方にもボトックス注射は有効です。注射により脚の筋肉に力が入らない状態(廃用性萎縮)になり、自然な形でほっそりとした脚にすることができます。ふくらはぎにボトックス注射をするだけなので、施術は数分で済みます。筋肉に力が入らないといってもボトックスが作用している部分は一部なので歩行等問題はありません。1年に1回の注射をお勧めします。
詳細はこちら
ページの先頭へ

えらボトックス(小顔ボトックス・咬筋ボトックス)注射

咬筋が発達したいわゆる“えら”が張っている方にはBOTOX(ボトックス)を注入することで簡単・安全にすっきりとした美しいフェイスラインを得ることができます。“えら”部分に麻酔クリームを塗り、-30℃の冷却気を吹き付けながら手早く注射するのでほとんど痛みがなく内出血も起こりません。3週間程度で効果が現れます。
当院では、治療費を低く抑えるために本家アメリカ製ボトックスではなく,韓国で生産されているジェネリック薬である「ニューロノックス」を使用しています。効果は本家と遜色なく十分な効果があります。6-10か月毎に4-5回処置するとほとんどフェイスラインが固定されます。必ずしも“えら”が張っているわけではないような方もそれなりに満足する結果が得られます。当院での研究結果をクリニックにてお見せします。
詳細はこちら
ページの先頭へ

内服療法(ダイエットピル)

■ダイエットピル
脂肪吸引は効果が高い半面、内出血や腫れなど体への負担が大きくダウンタイムが長いという大きな欠点があります。脂肪吸引に踏み切るのは怖いけれど、全身肥満をなんとかしたいとお悩みの方は、医療機関でしか処方できないダイエットピル(痩身用内服薬)という選択肢もあります。正しく内服すればダイエットの心強い味方になります。
しかし、ダイエットピルはあくまであなたの減量をお手伝いするお薬ですから、服用している事に安心せず、暴飲暴食を控えて適切な食事コントロールが必要です。
詳細はこちら
ページの先頭へ

ラディエイジ(ペレヴェ)フェイスラインの改善

ラディエイジ(ペレヴェ)とは、4.0MHzのラジオ波(Radio Frequency)を用いた最新のシワ・たるみ治療です。
メスや針を使わないので痛みが全くありません。体表面に接触させたドーム電極から出される高周波ラジオ波が真皮や皮下のコラーゲン線維を非侵襲的に変性させます。その結果即時にお肌が引き締まり、顔面や頚などのしわ・たるみが改善されます。施術後はすぐにお化粧をして人前に出られます。サーマクールやテノールと基本的に同じ治療法ですが、特に即時的な効果は非常に勝ります。そしてサーマクールに比較して圧倒的な対費用効果が魅力です。

詳細はこちら
ページの先頭へ

成長因子療法によるヒップライン修正例

均整のとれたボディラインにはバストライン、ウエストラインのみならずヒップラインも重要です。
しかしヒップラインを整えるのはなかなか困難です。脂肪吸引やメソセラピーは引き算の治療方法ですので美しいヒップアップラインを目指すには不十分です。さりとてヒップアップエクササイズでは十分に効果的とは言えないでしょう。
大掛かりなプロテーゼ挿入や危険性のある注入治療に頼らなくても、数回の簡単な治療で下垂の目立たないヒップアップラインを形成することが出来ます。
垂れ気味のヒップが気になり、キュッと上がったヒップアップラインを目指したい方にはおススメの治療方法です。

詳細はこちら
ページの先頭へ

豊胸(シリコンジェルバッグ)、入れ替えも含め

生涯にわたって安全で自然なバストをいかに作るかが大切です。
従って技術的な観点から考慮すべきことは

・何を入れるか?(材質は?形は?サイズは?)
・どこへ入れるか?(挿入部位は?)
・どこから入れるか?(切開部位は?)

という点です。
詳細はこちら
ページの先頭へ

注射による豊胸(SubQ:ヒアルロン酸)

SUB-Q(サブ・キュー)というヒアルロン酸を胸部に注入して大きく形の良いバストを作ることが可能です。
メスを使用しないので、手軽なプチ豊胸で、施術時間は20〜30分と短時間です。局所麻酔と笑気麻酔でうとうとしていただいているうちに注入が終わります。乳房下縁中央部から1ミリ程度の先の丸い針で乳房全体に注入します。入院の必要はなく、施術後すぐに帰宅できます。他人に知られずに何回かに分けて徐々に大きくすることが出来ます。

メリットの大きな豊胸術ですが、デメリットもあります。注入量が多ければ多いほど大きくできる(100mlで大体1カップアップです)反面、費用がかさみます。いろいろな注入テクニックはありますが、多少なりとも乳腺組織を鈍針で傷つけることは良いことではありません。ヒアルロン酸は吸収性ですがある程度塊で注入すると被膜化や石灰化の恐れもないわけではありません。ですからメリットがデメリットを上回るとご判断された場合にのみ選択して頂いています。
詳細はこちら
ページの先頭へ

ラディエイジ(ペレヴェ)によるバストアップ例


ページの先頭へ

レディエッセ

ミリ単位の変化ではありますがお顔全体の印象も変わり、フェイスラインがすっきりと見え、若々しく見えるようになります。隆鼻を行うことによって目頭切開を行ったような効果もあり、目が大きくなったような印象にもなります。
あご出しは鼻の頂点と口の先端、アゴを結ぶ線(Eライン)が直線になる美しい横顔をつくるために行います。また二重あごや首の弛みもあご出しによってかなり目立たなくすることも出来ます。
詳細はこちら
ページの先頭へ

HIFU(ダブロ)

ダブロは、HIFU( High-Intensity Focused Ultrasound、高密度焦点式超音波)の作用で、皮膚の土台ともいえる“SMAS筋膜”に直接熱エネルギーを加え、筋肉を引き上げ、タルミを解消する、全く新しい若返り治療器です。 ダブロの効果は、治療直後から現れ始め、2〜3ヶ月程度でピークに達し、半年から1年程度持続します。
詳細はこちら
ページの先頭へ

成長因子療法

ヒト成長因子は元々体内にある物質であり、線維芽細胞・血管内皮細胞・表皮細胞・脂肪細胞・幹細胞などに一時的に働きかけ、ヒアルロン酸、コラーゲンなどの産生を促し創傷治癒を促したり等の多彩な機能を持ちます。
成長因子は現在様々な医学の先端分野で(熱傷治療、歯周病治療、骨再生、血管性病変、神経再生などで)多用されており、主に薬物輸送システム(Drug Delivery System, DDS)の代表格としてなくてはならない存在です。
そのように10年以上前から生体内で高濃度・多量に使用されている物質を低濃度・極めて少量で(濃度的には1/1000〜1/10000程度)皮膚表面から利用することで若返りを図るものが当院の成長因子治療です。物性の特徴・利点を熟知し長期間(10年近く)美容臨床経験を積み上げてきました。

詳細はこちら
ページの先頭へ

えらボトックス(小顔ボトックス・咬筋ボトックス)注射

咬筋が発達したいわゆる“えら”が張っている方にはBOTOX(ボトックス)を注入することで簡単・安全にすっきりとした美しいフェイスラインを得ることができます。“えら”部分に麻酔クリームを塗り、-30℃の冷却気を吹き付けながら手早く注射するのでほとんど痛みがなく内出血も起こりません。3週間程度で効果が現れます。
当院では、治療費を低く抑えるために本家アメリカ製ボトックスではなく,韓国で生産されているジェネリック薬である「ニューロノックス」を使用しています。効果は本家と遜色なく十分な効果があります。6-10か月毎に4-5回処置するとほとんどフェイスラインが固定されます。必ずしも“えら”が張っているわけではないような方もそれなりに満足する結果が得られます。当院での研究結果をクリニックにてお見せします。
詳細はこちら
ページの先頭へ

あごプロテーゼ

鼻尖と口とアゴを結ぶラインはEラインと呼ばれ、この3点が一直線上に乗っている状態が、均整のとれた横顔の条件です。顎を形成する場合、シリコンプロテーゼを挿入する方法とと注入(レディエッセ注入、ヒアルロン酸注入)による方法があります。
インプラントによる方法の場合、局所麻酔下に口の中から約1.5cmの切開をして骨膜下の剥離を行ない、アゴの形状に合わせたインプラントをその都度形成して挿入します。口の中は吸収される糸で閉鎖するので抜糸の必要はありません。インプラントはずれないようにアンカー縫合とテープで3日間固定します。
詳細はこちら
ページの先頭へ

フェザーリフト

フェザーリフト(Feather Lift)とは、細かい毛羽立ちをつけた特殊な皮下埋没用糸を用いたメスを使用しない若返り処置の総称です。使用される糸の特徴となる細かい毛羽立ちが鳥の羽(Feather)に似ていることが名称の由来です。スレッドリフト(Threads Lift)とも呼ばれます。
詳細はこちら
ページの先頭へ

フェイスリフト

年をとるにつれて顔の皮膚や筋肉がゆるみ、それに重力が加わって次第に顔の輪郭は下垂して行きます。
フェイスリフトはたるんだ顔の皮膚を引き上げることが目的であり、その部位によって、ブローリフト(前額リフト)、こめかみリフト、ほほリフトがあります。しかしフェイスリフトには実際にはいろいろな方法があり、効果もまちまちで「なんちゃってリフト」も実は多く行われているのが現状です。
詳細はこちら
ページの先頭へ

オトガイ筋ボトックス注射

オトガイのしわの原因となるオトガイ(頤)筋を緩めるのにもボトックスは有効です。
当院ではいつも梅干しの皺になぞらえて梅ボト、梅ボトと呼んでいます。口の下にV字に走っているオトガイ筋の中央を意識して4-8単位を注入します。口の下が膨らんで前方に突出した印象を弱めることが出来ます。軽度の顎出しに類似した効果もあります。レディエッセやヒアルロン酸による顎出しと同時に行うことで効果が高まります。
詳細はこちら
ページの先頭へ

口唇増大(ヒアルロン酸注射)・口唇縮小

口唇増大
口唇の形状にはさまざまなタイプがあります。
  • 人中狭小型(close point type)
  • 人中拡大型(wide point type)
  • 赤唇縁平坦型(flat-top type)
  • アヒルの口ばし型(duck-bills type)
  • 下口唇肥大型(lower over enlarged type)
  • 上口唇肥大型(upper over enlarged type)
などに分類されます(当院分類です)。
一般に厚い唇は若々しく、肉感的な印象を与えますがやや粗野な印象も与えます。
反対に薄い唇は理知的な印象を与えますが、厚い唇とは逆に老化した唇の特徴でもあります。
赤唇縁平坦型(flat-top type)は男性的できつい印象を与えます。
人中狭小型や拡大型、上口唇や下口唇肥大型はどこかアンバランスな印象を与えます。
アヒルの口ばし型(duck-bills type)はセクシーな印象を与えます。

口唇縮小
口唇を縮小する場合は、口腔内の粘膜・粘膜下組織・口輪筋を切除縫縮することによって口唇を縮小します。

詳細はこちら
ページの先頭へ