愛知県名古屋市の名古屋タワーサイドクリニック|二重埋没法、豊胸、脂肪吸引、脱毛、美容皮膚科など幅広く行っています。

HOME

あごプロテーゼ

あごプロテーゼ

鼻尖と口とアゴを結ぶラインはEラインと呼ばれ、この3点が一直線上に乗っている状態が、均整のとれた横顔の条件です。顎を形成する場合、シリコンプロテーゼを挿入する方法とと注入(レディエッセ注入、ヒアルロン酸注入)による方法があります。
インプラントによる方法の場合、局所麻酔下に口の中から約1.5cmの切開をして骨膜下の剥離を行ない、アゴの形状に合わせたインプラントをその都度形成して挿入します。口の中は吸収される糸で閉鎖するので抜糸の必要はありません。インプラントはずれないようにアンカー縫合とテープで3日間固定します。


「隆鼻・あごプロテーゼ」施術例






★注入剤(レディエッセ)によるあご形成はこちら








ページの先頭へ