愛知県名古屋市の名古屋タワーサイドクリニック|二重埋没法、豊胸、脂肪吸引、脱毛、美容皮膚科など幅広く行っています。

HOME

目の悩み

二重埋没法(二重まぶた手術)
二重切開法
上まぶたのたるみ取り手術
目の下のたるみ取り手術
目頭切開
眼瞼下垂
ラディエイジ(ペレヴェ)目の周囲のしわ取り


二重埋没法(二重まぶた手術)

皮膚と瞼の内側の組織(眼瞼瞼板あるいは挙筋腱膜)を細いナイロンの糸で緩やかにつなげることにより二重瞼を作る方法です。万一仕上がりが意に沿わない場合は元に戻せることが大きなメリットです。短時間で処置できること、腫れが少ないこと、傷を残さず当日からのメイクもできることなどもメリットとなります。
詳細はこちら
ページの先頭へ

二重切開法

以前埋没法による手術を受けたがラインが消失してしまったという場合や、埋没法では外側のラインが浅くなったり短く消えてしまったりしてスッキリ感のあるラインにならない場合に適しています。埋没法では不安だと感じられる方にも適応となります。
詳細はこちら
ページの先頭へ

上まぶたのたるみ取り手術

上まぶたがたるんで二重の幅が狭くなり、眼が小さくなった場合、余剰皮膚をたくしあげるか切除する必要があります。 目のたるみ取り手術としては以下の3つを使い分けることになります。

埋没法によるたるみ取り
上眼瞼切開(重瞼線切開)によるたるみ取り
眉毛下切開(びもうかせっかい)/眉下切開(まゆしたせっかい)によるたるみ取り

詳細はこちら
ページの先頭へ

目の下のたるみ取り手術

加齢により皮膚と眼輪筋がゆるむため、下眼瞼は眼窩脂肪がはみ出してきて目袋が膨らみ、頬瞼溝が目立つようになります。眼の下のたるみ取り手術は眼の下の皮膚を切除するだけではなく、眼輪筋も引き締めて張りを出す必要があります。

詳細はこちら
ページの先頭へ

目頭切開

目と目の間隔が広く、目が離れているように見える人は、実は目頭部分の皮膚が上が前方に下が後方にかぶさってヒダ状(蒙古ヒダ)になっていることが多く、これを特別なデザインで切開します。整容上のメリットとしては

1)平行型の二重を作りやすい
2)目が長く大きく見えるようになる
3)鼻筋の通った印象になる
4)シャープで精悍な印象になる

などです。反面、あどけない印象が薄れるようなデメリットもあります。
目頭切開の術式としては内田法と呼ばれるW形成術が一般的に知られています。その他、V-Y形成術やZ形成術などがあります。
詳細はこちら
ページの先頭へ

眼瞼下垂

まぶたを開いたり閉じたりする筋肉を「眼瞼挙筋」と言います。この筋肉の働きが何らかの原因で弱くなったり伸びてしまったりして、まぶたが十分に開かない状態を「眼瞼下垂」と言います。眼瞼下垂の種類は、大きく先天性と後天性に分けられます。
先天性眼瞼下垂は、生まれつき眼瞼が持ち上がらない眼瞼下垂です。
後天性眼瞼下垂は、動眼神経麻痺、重症筋無力症など神経、筋の疾患によるものと、加齢や刺激によって生じる老人性眼瞼下垂(腱膜性眼瞼下垂)があります。また、コンタクトレンズ長期装用が原因のコンタクトレンズ眼瞼下垂(これも腱膜性眼瞼下垂)も含まれます。
詳細はこちら
ページの先頭へ

ラディエイジ(ペレヴェ)目の周囲のしわ取り

ラディエイジ(ペレヴェ)とは、4.0MHzのラジオ波(Radio Frequency)を用いた最新のシワ・たるみ治療です。
メスや針を使わないので痛みが全くありません。体表面に接触させたドーム電極から出される高周波ラジオ波が真皮や皮下のコラーゲン線維を非侵襲的に変性させます。その結果即時にお肌が引き締まり、顔面や頚などのしわ・たるみが改善されます。施術後はすぐにお化粧をして人前に出られます。サーマクールやテノールと基本的に同じ治療法ですが、特に即時的な効果は非常に勝ります。そしてサーマクールに比較して圧倒的な対費用効果が魅力です。

詳細はこちら
ページの先頭へ