愛知県名古屋市の名古屋タワーサイドクリニック|二重埋没法、豊胸、脂肪吸引、脱毛、美容皮膚科など幅広く行っています。

HOME

分層植皮法による方法

分層植皮法による方法

体幹部、四肢などの広範なイレズミで、複数回の切縫を繰り返して除去する時間的余裕がない場合に適応になります。
皮膚の厚さは約1〜3mmあり表皮層はそのうちの上部1mm以下です。真皮層に入れ墨染料が入っても貪食細胞によって除去されるので刺青に染まるのは表皮下層から真皮上層だけです。分層植皮法は真皮層で機械的に皮膚を剥がした後、酵素によって剥がした皮膚を表皮と真皮上層に分離し、刺青染料が残っている真皮上層を捨て、刺青染料が入っていない表皮層だけをを再び移植する方法です。全層植皮に比べると皮膚の質感はよくありませんが、なんといっても正常な皮膚にメスをいれることなく除去するはずの皮膚のみでことが足りてしまう点は大きなメリットです。

具体的には、局所麻酔下に採皮器(デルマトーム)を用いて、皮膚をスライスして採皮します。広範な場合は硬膜外麻酔下に採皮します。採皮した皮膚を無菌状態(清潔状態)でメタロプロテアーゼというタンパク分解酵素に満たします。細胞外マトリックス(ECM)は、繊維性タンパク質(コラーゲン、エラスチン等)や、細胞接着性タンパク質(グリコサミノグリカン、プロテオグリカン、フィブロネクチン、ラミニン等)からなりますので、至適温度で一定時間作用させると酵素反応により表皮と真皮上層に分離されます。この色素の抜けた表皮のみをイレズミ部分に戻すわけです。その上からシリコンガーゼを湿潤状態にしてタイオーバー法にて圧迫固定します。採皮器の使い方などはかなり熟達を要しますし、ぺらぺらになった表皮部分の植皮など結構神経を使う手術です。そのうえ移植部の性状などを考えると複数回の切縫を繰り返して除去したほうがQOLは良好ですので積極的にお勧めする手術ではありません。

※酵素処理による表皮移植法は捨ててしまうタトゥー部分の皮膚から表皮をプロテアーゼで分離回収することで再利用する方法です。操作は煩雑になりますし、色々なステップを正確に行わないといけませんが、うまくやれば健常皮膚からの採皮を回避することが可能で-す。
表皮のロスを極限まで減らし、移植部分が生着しなかった場合に備えた工夫等を行っています。
タトゥーの部位、進達度によっては採皮が必要になる場合があります。
新たな採皮の傷が増えない点が最大のメリットですが、やはり真皮が弱くなる点は否めないため、部位によっては肥厚性瘢痕、ケロイド化を惹起しがちなのでケースバイケースで適応を見極める必要があります。
生着後は長期的に全体をボカシていく方針です。


植皮によるタトゥー除去治療例


(31歳 女性)




(33歳 男性)











(36歳 女性)








ページの先頭へ