愛知県名古屋市の名古屋タワーサイドクリニック|二重埋没法、豊胸、脂肪吸引、脱毛、美容皮膚科など幅広く行っています。

HOME

しみ・くすみ

基本治療  ほぼオールマティな治療
コンビネーショントーニング(発展形)
肝斑・しみ・くすみQYAGトーニング(レーザートーニング)(基本形)
内服・外用薬療法(しみ用)


顔面以外の色素沈着 体幹部・間擦部の当院オリジナル治療
ボディQYAGトーニング


その他(限定治療・効果がマイルドな治療など)
ポイントレーザー
レーザーフェイシャル
成長因子療法
グリコール酸ピーリング
サリチル酸マクロゴールピーリング
ダーマローラー
イオン超音波導入
プラセンタ
点滴療法
ADM(ABNOMs)治療


コンビネーショントーニング(発展形)

QYAGトーニング(キューヤグトーニング ; 通称 レーザートーニング)は対象を選ばない単純化された鉄板のバルクシミ治療ですが、場合によっては治療に回数がかかるのな難点です。

脂漏性角化症(しろうせいかっかしょう、老人性疣贅、ろうじんせいゆうぜい ともいいます)などが多発した混在したシミの場合などは、10回以上治療回数が必要な場合もあります。 そのような場合は、通常のQYAGトーニングに加えて電気焼灼治療やQスイッチヤグレーザー、Qスイッチルビーレーザーなどの併用治療を同時に行うことで治療回数を短縮させることができます。



詳細はこちら
ページの先頭へ

肝斑・しみ・くすみQYAGトーニング(レーザートーニング)

タワーサイドクリニックにおけるQYAGトーニング(キューヤグトーニング;通称 レーザートーニング)とは高性能QスイッチYAGレーザーを用いた、混在シミに対する治療法です。これまで肝斑にはレーザー治療は禁忌とされてきましたがQYAGトーニングの登場により肝斑があっても混在シミに対する治療を躊躇なく行うことが可能です。
多くの肝斑は、肝斑単独ではなくいくつかの種類のシミが混じっています。ですから肝斑以外の皮膚病変にターゲットを定めて治療した場合、肝斑が悪化するという大きな問題がありました。このQYAGトーニングにより肝斑を含めて色素性の病変をひとくくりに治療することが可能になり、治療がシンプルで効果的になりました。肝斑には限らない、シミ・クスミ・肌理、毛穴の縮小、シワなど、美白系の肌質改善のみならず総合的な肌質改善が見込めます。

(*)発展的治療として、治療中に他治療を同時にかぶせて行っていく「コンビネーショントーニング」もあります。


詳細はこちら
ページの先頭へ

内服・外用薬療法(しみ用)

内服

■トラネキサム酸
トラネキサム酸という抗出血作用があるお薬で、本来は止血剤として処方される内服薬です。メラノサイト活性因子であるプラスミンをブロックし、メラノサイトに活性のシグナルが届かないようにする作用があります。この働きによって、しみを作る元からブロックします。

詳細はこちら
ページの先頭へ

ボディQYAGトーニング

肝斑・クスミのレーザー治療として定評のあるQYAGトーニング(レーザートーニング)(*)ですが、体幹部・四肢の黒ズミ治療にも応用可能で優れた効果が得られます。
今まではハイドロキノンなどの漂白作用のある外用薬を長期にわたり塗布することしか治療方法がありませんでしたが、施設によっては本治療が第一の選択肢となりました。
乳輪の黒ずみ、わきの色素沈着、虫さされやけがの痕の色素沈着などの幅広い箇所の黒ズミ治療が可能で、ダウンタイムなく改善させることが可能です。
まだ一般的な治療方法ではありませんが、治療の容易さ、効果の高さで体幹部の黒ズミにお悩みの方にとっては画期的な治療法です。
今後ますます幅広く行われるようになっていくレーザー照射法と言えます。

(*)QYAGトーニング(レーザートーニング)とは高性能QスイッチYAGレーザーを用いた肝斑などの混在ジミに対する最新の治療法です。
詳細はこちら
ページの先頭へ

ポイントレーザー

通常QYAGトーニングを行うと、取れやすいシミ・くすみは取れてしまい、取れにくいシミ・取れないシミ(ADMなど)が残存します。 それらの残存シミに対して、比較的高出力で照射野を固定して行う照射(フォーカス照射)が「ポイントレーザー治療」です。
原則としてQYAGトーニング後のみに行います。Qスイッチヤグレーザー、Qスイッチルビーレーザー、ロングパルスアレキサンドライトレーザーなどを使用します。
詳細はこちら
ページの先頭へ

レーザーフェイシャル

レーザーフェイシャルとは、黒い色素のみに熱ダメージを与えるレーザーを顔全体に照射し、皮膚の最上層は保護しながら表皮内に存在するシミやホクロだけを選択的に治療する方法です。また同時に、熱ダメージによる新しいコラーゲンの産生によってハリのアップやキメの改善も図ります。
ノーダウンタイム(日常生活に支障のない)治療であることが大きな利点です。
詳細はこちら
ページの先頭へ

成長因子療法

ヒト成長因子は元々体内にある物質であり、線維芽細胞・血管内皮細胞・表皮細胞・脂肪細胞・幹細胞などに一時的に働きかけ、ヒアルロン酸、コラーゲンなどの産生を促し創傷治癒を促したり等の多彩な機能を持ちます。
成長因子は現在様々な医学の先端分野で(熱傷治療、歯周病治療、骨再生、血管性病変、神経再生などで)多用されており、主に薬物輸送システム(Drug Delivery System, DDS)の代表格としてなくてはならない存在です。
そのように10年以上前から生体内で高濃度・多量に使用されている物質を低濃度・極めて少量で(濃度的には1/1000〜1/10000程度)皮膚表面から利用することで若返りを図るものが当院の成長因子治療です。物性の特徴・利点を熟知し長期間(10年近く)美容臨床経験を積み上げてきました。



詳細はこちら
ページの先頭へ

グリコール酸ピーリング

グリコール酸ピーリングは、手早く安価に行える、ニキビをはじめ広範囲の皮膚疾患や肌質の改善に有用な治療の1つです。
グリコール酸ピーリングとは、酸を皮膚に塗布しその作用によって皮膚表面を一定の深さで剥脱し、肌のターンオーバー(肌の再生サイクル)を促して肌のトラブルを整えることによって素肌の健康を取り戻す治療なのです。
詳細はこちら
ページの先頭へ

サリチル酸マクロゴールピーリング

「サリチル酸マクロゴールピーリング」とは、今までのピーリング剤とは異なる新しいピーリング剤を用いた画期的なピーリング方法です。
使用する薬剤は通常使用されているピーリング剤であるグリコール酸(AHA)ではなく、サリチル酸(BHA)です。
サリチル酸(BHA)は、角質軟化・融解作用を持ち、これまでもグリコール酸ピーリング剤として用いられていましたが、従来のものは、エタノールに溶解されているため、痛みや発赤、炎症などの副作用が、効果の高さと引き換えに多く見られました。
しかし、「サリチル酸マクロゴールピーリング」ではサリチル酸をマクロゴールという基材に溶かすことによって酸が皮膚深部へ浸透するのを防ぎ、角質層のみに反応させる事で、副作用がほとんど無くなりました。
詳細はこちら
ページの先頭へ

ダーマローラー

人体の生理的反応を利用しコラーゲンの増殖を促す療法です。
約200本の極微細な医療グレードのステンレススチール製針がついたローラーを肌表面の上で転がし、表皮・真皮に微細な穴を開けます。真皮に出来た傷穴が治癒していく過程で、真皮内にコラーゲン繊維を増殖する成長因子が分泌されます。これにより施術後は約二ヶ月以上をかけて、徐々にコラーゲン生成が行われ、皮膚の張りと弾力を高め加齢によって衰えた肌が改善されていきます。
詳細はこちら
ページの先頭へ

イオン超音波導入

イオン導入法は、微弱な電流を流すことで、肌のバリアゾーンを潜り抜け、皮膚表面に塗布した有効成分をイオン化電気的な反発を利用して皮膚深部まで有効成分を効果的に浸透させる方法です。
当院では美肌成分であるビタミンCを導入しています。酸化しやすい水溶性ビタミンCを効率よく深部へ導入することができ、通常の塗布に比べて約70倍もの量を浸透させることができます。
詳細はこちら
ページの先頭へ

プラセンタ

プラセンタとは、胎盤由来の物質で人間の組織や細胞の働きを刺激・活性化して全身の新陳代謝を盛んにする働きがあります。その働きを利用し、元来は肝機能障害や更年期障害の治療薬として使われていました。最近では美肌や免疫力増強などの効果が確認され、美容の領域で多く利用されるようになりました。
詳細はこちら
ページの先頭へ

点滴療法

病気ではないけれど、なんとなく体がだるい、調子がすぐれない、寝ても疲れが取れない、肌荒れがひどいなど…
過労やストレス、ライフサイクルの乱れにより、このような症状が出ていませんか?

点滴療法では、カラダに不足しているビタミンなどの有効成分を取り込むことで、美容・健康に大きな効果をもたらします。
点滴・注射は、手軽にダイレクトに体内へ有効成分を届けることができるため、吸収率がよく、効果も高く現れます。
詳細はこちら
ページの先頭へ