愛知県名古屋市の名古屋タワーサイドクリニック|二重埋没法、豊胸、脱毛、美容皮膚科など幅広く行っています。

HOME

ピクセルレーザー(Pixel Laser)

フラクショナルレーザー(ピクセル/CO2

フラクショナルレーザー(ピクセル/CO2)とは、波長2940nmのエルビウムヤグレーザーによって、表皮から真皮上層に達する程度の細かいドット状の穴を開け、皮膚の再生力によって新しい皮膚に入れ替えるという最新のレーザー治療です。

当院ではAlma Lasers社のPixel2940という機械を使用しております。
一回の照射で、一平方センチ当たりに49個または81個のドットで熱エネルギーを加えます。
これをニキビ跡や毛穴の広がった部位にムラなく当てることで、皮膚の凹凸や開いた毛穴が改善していきます。
皮膚表面の角質層は温存されバリア機能は保たれているため、表皮を削るレーザーと比べダウンタイムが短いのが特徴です。
一度の治療で皮膚の15〜20%の入れ替えが可能で、肌全体のくすみ・キメ・毛穴の改善効果があります。





CO2フラクショナルレーザー「ペンタゴン グランド」とは

ペンタゴングランドは、水分に反応する炭酸ガス(CO2)レーザーを用いたフラクショナルレーザーです。肌の入れ替えに効果的なCO2レーザーですが、従来のCO2レーザーの場合、照射範囲が大きいことから周囲の皮膚に与えるダメージが大きいため、赤みや腫れ(ダウンタイム)が数か月続いてしまうこともありました。 ペンタゴングランドは、CO2レーザーをフラクショナル化して照射することで、真皮層に照射される部分以外に与える熱ダメージを最小限にし、同様のCO2フラクショナルレーザーと比較しても、照射直後の赤みや腫れなどのダウンタイムが大幅に軽減されています。

強い出力で真皮層まで入り、ドット上に組織を蒸散させます。照射時の痛みが少なく、より短いダウンタイムで高い効果が得られる、すぐれた新型レーザーです。
照射に麻酔は必要ありませんが麻酔クリームもオプションで選択可能です。
フラクショナルレーザー(ピクセル/CO2)と使い分けることでよりきめ細かな治療が可能になりました。

他フラクショナルレーザーとの比較
当院のペンタゴングランドは、スポットが小さいのでダメージを与える範囲が狭く、その分ダウンタイムも短くなります。




適応

毛穴・ニキビ跡・しわ・くすみ・たるみ・しみなど、ほとんどの肌トラブルに大きな効果を発揮します。


施術の流れ

洗顔をします。
お化粧をされている方は丁寧に落としてください。
その後化粧水、ジェルなどは塗布しないでください。
水に対して非常に吸収の良いレーザーですので、水分はしっかりとふき取っていただきます。
レーザーを照射します。
目をガードしスタンプ式にレーザーを当てていきます。
レーザー後しばらく経過しますと、ポカポカ温かい感じがしてきます。
1回の照射に要する時間は20〜30分程度です。
照射後は、クーリングを行いしっかりと保湿をしてからお帰りいただきます。
当日は洗顔・お化粧は避けてください。


治療間隔と回数

1回の治療でも、肌の張りなど一時的な効果を感じていただけますが、効果を持続させるためには2〜4週間毎に5〜6回繰り返していただくと、非常に高い効果を得る事ができます。
深いニキビ跡などには、もう少し回数が必要な場合がございます。


注意事項

  • 施術後は赤味や熱感・ヒリヒリする痛み・軽い腫れ・つっぱり感がありますが、アイスノンなどで直接冷やさないようにしてください。水滴が付くと痛みや腫れが増強することがあります。
  • 当日は照射部位をぬらさないようにシャワー浴程度とし、体を温めるような長時間の入浴やサウナは控えて下さい。
  • 照射直後はピクセル状の白い斑点が現れます。2〜3日目ごろより茶褐色のかさぶたになり、通常一週間程度で自然に取れていきますので、無理にこすったりはがしたりしないようにしてください。
  • 施術の翌日以降、肌が入れ替わる時期は乾燥を感じると思いますのでしっかり保湿を行ってください。


「フラクショナルレーザー(ピクセル/CO2)を中心とした複合治療」施術例

治療の概要
ほとんど全ての治療写真は、当院院長が主導的に行なった治療例です。当然のことですが画像処理等は行っておりません。
より詳しい情報のお問い合わせ
より詳しい情報はページ上部のバナーよりメールにてのお問い合わせ可能です。但し医療に関する適切な選択に資する情報提供を目的とするものとして、治療を検討中の患者様に限らせて頂きます。
費用について
費用は料金表通りです。治療費を提示する際にホームページに記載されている以上の治療費が加算されることはありません。
●フラクショナルレーザー(ピクセル/CO2)(全顔) 50,000円(税抜)〜/回
治療リスク、副作用等について
一般的な治療リスクとして、炎症後色素沈着、色素脱失、内出血、腫れなどが起こる場合があります。患者様によってはそれらが過敏に発生し遷延する場合もあります。肥厚性瘢痕、ケロイド化が生じる場合もあります。麻酔によるリスクが生じる可能性があります。その他予期せぬ合併症、副作用等が生じる可能性があります。
その他治療の種類により特有の治療リスク、副作用等があります。







(28歳 男性)






(35歳 女性)




(35歳 女性)




(30歳 女性)




(33歳 男性)




(35歳 男性)




(33歳 男性)








(30歳 男性)


「フラクショナルレーザー(ピクセル/CO2)」施術例


(59歳 女性)



(18歳 男性)













(20代後半 女性)






(29歳 男性)




(女性)








しみ 100%として しみ 約30%減少


きめの粗さ 100%として きめの粗さ 約60%減少


毛穴 100%として 毛穴 約50%減少
(32歳 女性)




きめの粗さ 100%として きめの粗さ 約30%減少


毛穴 100%として 毛穴 約15%減少
(62歳 女性)



動画






■毛孔性苔癬に対する治療









ページの先頭へ