愛知県名古屋市の名古屋タワーサイドクリニック|二重埋没法、豊胸、脂肪吸引、脱毛、美容皮膚科など幅広く行っています。

HOME

反転法

反転法

腋窩(わき)から,アポクリン腺の分泌により特有な臭いを発する状態を腋臭(わきが)といい、通常思春期から始まります。優性遺伝であるため両親のどちらかがわきがである場合が多く、アポクリン腺は耳の中にもあるので大抵の場合耳垢が湿っています。 一方、エクリン腺が原因で緊張などにより手のひら、足の裏、背中などに多量の汗をかくものを多汗症といいます。においはなく、わきがとは関係ないことが多くわきがと違って遺伝性は認められていません。
状況証拠(ガーゼテスト、家族歴、耳垢など)とご本人の希望を加味して手術適応を決定します。 現在最も一般的に行われている手術が反転剪除法という手術です。
わきに1,2か所3〜4cm程の皺に平行な切開を入れ,皮膚を裏返して汗腺をじかに見ながらハサミ(剪刀)で切除していく方法で汗腺の90−95%は除去可能です。
ワキガ・多汗症の治療で大事なことは切開線の大小ではなく、強い臭いや多量の汗を手術によってきちんと抑えることです。そのため当院は確実にアポクリン汗腺・エクリン汗腺を除去できる反転剪除法で行っています。必要最小限な視野を確保し、有毛部プラス1cm程度の剪除マージン(手術の領域)に対してしっかりした剪除を行います。












ページの先頭へ