愛知県名古屋市の名古屋タワーサイドクリニック|二重埋没法、豊胸、脂肪吸引、脱毛、美容皮膚科など幅広く行っています。

HOME

乳輪縮小術・乳頭縮小術・陥没乳頭

乳輪縮小術・乳頭縮小術・陥没乳頭


乳輪縮小術

乳輪の大きい方に対しては、乳頭周囲の切開(乳頭基部切開)あるいは乳輪周囲の切開(乳輪周囲切開)により理想的な大きさにすることができます。前者の場合手術痕はほとんどわからなくなります。後者の場合やや境界がシャープな手術痕になります。乳頭基部切開の方が仕上がりが良いので出来るだけこの切開を取りたいのですが、乳輪径が大きい場合後者の切開を取らざるを得ない場合もあります。いずれの場合も院長オリジナルの減張の工夫によって長期的に手術痕の肥厚化を防ぎ美しい乳輪径を保ちます。手術後の授乳は問題ありません。

#切らない乳輪縮小
ループ糸のみを複数ループ挿入することで乳輪を縮小することが可能です。
詳細はお問い合わせ下さい。

<メリット>
  • 切らないで治療可能(即日処置可能、とします)
  • 糸を取れば元に戻せる
  • 術後も処置が簡易

<デメリット>
  • 糸が緩んできた場合、拡大傾向になる
  • dimple(えくぼ)が乳輪外周に数個出来ることがある
  • 余剰皮膚を切除しないため、若干乳輪皮膚がシワっぽい感じになる
  • 数年に1度、再処置が必要な場合がある


乳頭縮小術

乳首が大きいとひとりで悩み続けられる場合が少なくありません。しかし乳頭縮小術 によって理想的な乳頭に変えることができます。生まれつき乳首が大きい場合でも授乳で乳首が大きくなってしまった場合手術法は基本的に同じです。乳管と乳頭の血行に十分気をつけてデザイン通り粛々と丁寧に乳頭基部切開によって乳頭上皮を短縮する手術です。吸収糸を使用しますので術後の抜糸はありません。手術後の授乳は問題ありません。合併症の確率は非常に低い手術なのでもしもお悩みなら思い切って手術をお考えになることをお勧めします。


陥没乳頭

陥没乳頭とは、乳頭部の乳管の発育障害のために乳頭の頭部が乳輪中に陥没し、乳輪が堤防状に盛り上がっている病状をいいます。炎症を起こすことがあり、いったん感染を起こすと切開排膿などの処置で非常に厄介で将来授乳に障害をきたす可能性もあります。 外見上も心理的な苦痛を感じている方が少なからずいらっしゃいます。
陥没乳頭の手術目的は、陥没している乳頭を整容的に整った形に戻し、機能的にも授乳が可能なようにすることです。

陥没乳頭の重症度分類は以下のようになります。

●グレードT・・・指でつまみ出すと簡単に乳頭が出てくるがしばらくすると戻る
●グレードU・・・ピンセットなどでつまみ出すと何とか乳頭が出てくるが離すとまた陥没する
●グレードV・・・指でもピンセットでもでつまみ出すことができない乳頭

持続吸引など手術によらない方法はグレードTの中でも軽症なケースのみが適応となり、他は基本的に手術しか方法はありません。


いろいろな手術の方法がありますが、基本的には、

母乳を出す乳管を傷つけず乳管周囲の陥没の原因組織を丁寧に剥離解除する
乳頭頸部をZ形成にて締めつけたり手術用糸や真皮弁で乳頭頸部を乳管を傷つけないように橋渡しし再陥没を防ぐ
というふたつの大きなポイントがあります。
いろいろなタイプの陥没乳頭がありますので諸家が報告しているどの方法を基本に据えて手術方針を立案するのかが重要です。短縮線維化した組織内に埋まっている乳管を見分けるには経験に基づいた眼力が必要となります。出血のコントロールも重要でラフな止血操作は乳管を損傷する恐れがあるのみならず乳頭の血行を損ないかねず、最悪の場合乳頭壊死の可能性もあります。三角弁の大きさや方向にもコツがあります。乳頭基部の引き締めもまた過剰な引き締めがなされると乳頭の血行を損ない、乳頭壊死を来す可能性があります。意図的に乳頭の縫合を省略し、自然の乳頭組織の形成を待って球形の乳頭を形成する方法もあります。

手術は基本的に吸収糸を使用しますので術後の抜糸はありません。術後は湿潤閉鎖環境下にて1週間後の包交となります。

乳輪縮小術

(39歳 女性)




他施設にて乳輪縮小術後の修正


(35歳 女性)






















ページの先頭へ